読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacでJavaFX2.0を触り始めてみる

JavaFX RIA NetBeans

先日のJavaOneでJavaFX2.0が正式発表され、そして待望のMac向けDeveloper Previewも登場しました。
過去にRIA開発をやったことがあるのでJavaFXにはすごく興味があります。今後果たしてJavaFXが来るのかどうか?という疑問はありますが、自分としては特に業務系システムにおけるクライアントとして今後徐々に採用されていくのではと考えています。
というのも、業務系システムではクライアントアプリケーションをSwingで開発することが意外と多い気がするからです。サーバーサイドをJavaで開発していると、やっぱりクライアントもJavaで開発した方がやりやすいですし。*1
で、OracleはSwingをJavaFXにシフトさせるつもりのようですし、Oracleの用意したJavaFXのデータシートを見ても、JavaFXを "Rich Enterprise Client Applications" とうたっており、JavaFXエンタープライズ向けのクライアント開発基盤として押していく姿勢を見せています。なので、段々業務系のシステム開発ではJavaFXを使う場面が出てくるんじゃないかなー考えています。(数年くらいかかるかも知れませんが)

という訳で今のうちからJavaFX触るぞーと考えて早速Macに入れてみたのですが、意外と躓いたところが結構あったので環境を作って触り始めてみるところまでをメモっておきました。

JavaFX本体とサンプルのダウンロード

ダウンロードサイトは以下です。ダウンロードにはOTNのアカウントが必要です。
http://www.oracle.com/technetwork/java/javafx/downloads/javafx2-macosx-487281.html
SDKの方はZIPアーカイブになっているので、適当な場所に解凍すればいいです。
サンプルの方は次のように、SDKのインストールディレクトリの下に置く必要があります。そうでないと動きません。リリースノートではこの辺が割とさらっと書かれているので注意してください。

javafx-sdk2.0.2-beta/
├── bin/
├── docs/
├── javafx-samples-2.0/  <- ここ
├── rt/
└── tools/

NetBeans7.1 betaのセッティング

次はNetBeansです。NetBeans7.1 (現在ベータ版) はJavaFX2.0をサポートしているので是非入れましょう。後述しますが、NetBeansを入れておくとサンプルを使っての勉強もやりやすくなります。
Windowsの場合だと、先にJavaFXをインストールしておけば、その後にNetBeansを入れるとNetBeans側で自動認識し、すぐに使えるようになりますが、Mac版は手動でセットアップが必要となります。(Windows版のJavaFXインストーラが用意されており、基本的には決まったディレクトリに入りますが、Mac版は適当なディレクトリに解凍するだけなのでこの辺りは致し方ないですね)
これがちょっと面倒です。NetBeans側でも解説を用意していますが、Windows向けの内容となっており、Macユーザーには分かりにくくなっています。

まずは以下のサイトからNetBeans7.1 betaをダウンロード、インストールします。betaなのに日本語版もちゃんと用意されています。この辺りNetBeansはスバラシイ。
http://dlc.sun.com.edgesuite.net/netbeans/7.1/beta/

NetBeansJavaFXの開発を行うためには、"JavaFX enabled" なJavaプラットフォームを用意する必要があります。
まず、メニューから [ツール]-[Java プラットフォーム] を選択して、Javaプラットフォームマネージャーを起動します。

起動したプラットフォームマネージャーで [プラットフォームを追加...] ボタンをクリックし、新しいJavaプラットフォームを追加します。
Java自身のプラットフォームフォルダの選択はデフォルトと一緒でいいです。

プラットフォーム名は何でもいいのですが、"Default_JFX_Platform" という名前にしておいた方がいいみたいです。(下のスクリーンショットでは違う名前にしているので注意!)
これはWindows版のNetBeansJavaFX環境を自動認識した際に作られるJavaプラットフォームの名前のようで (すみません、Win版は未チェックです) 、後述するサンプルアプリケーションから作成したNetBeansプロジェクトは、Javaプラットフォームがこの名前になっていることを前提としているからです。

作成したプラットフォームの設定パネルには [JavaFx] という名前のタブが追加されているはずです。これをクリックして、SDKやランタイムのディレクトリを指定します。
[JavaFX SDK] にはSDKのインストールディレクトリを、[JavaFX Runtime] にはSDKのインストールディレクトリの下にある rt というディレクトリを指定します。設定途中で NPE が発生したという警告ダイアログが出ますが、ランタイムの設定を行ったら直ります。

これでNetBeans上でJavaFXプロジェクトを作成することができるようになります。

JavaFXプロジェクトを作成する際、[JavaFX Application]、[JavaFX Preloader]、[JavaFX FXML Application] の3種類から選べます。
普通は [JavaFX Application] を選びます。UIの構造定義にFXMLを使いたい場合は [JavaFX FXML Application] を選びますが、FXMLを使ったアプリケーションの雛形を作ってくれる以外、特に違いはありません。[JavaFX Preloader] はアプリケーション起動時のリソースロード中に表示するプリローダーを作成するためのプロジェクトです。

FXMLとはJavaFXのUI構造を宣言的に記述することができるマークアップ言語で、FlexMXMLWPFXAMLと同じような立ち位置の技術です。解説はこことかここにあります。
早速NetBeansでこれをサポートしてくれたと喜んだのですが、残念ながらマークアップの補完とかは全然行なってくれませんでした。(;_;)

サンプルのJavaFX Ensembleがスバラシイ

サンプルには4種類のサンプルアプリケーションが収録されていますが (ブロック崩しとかもあります)、中でもJavaFX Ensembleが素晴らしいです。
Ensemble.jar を実行すると起動します。

いわゆるサンプルアプリケーション集で、SwingのSwingSetに相当するものです。サンプルアプリケーションとJavaDocが収録されており、サンプルとドキュメントを相互に行き来できるようになっていて、勉強するには最適なアプリケーションになっています。
GUIフレームワークの勉強には豊富なサンプルの存在がとても重要だと思っています。昨年の今頃、SmartClientというJavaScript製RIAフレームワークを使った開発を行なっていたのですが、こちらもSDKに付属していたサンプルが豊富で、比較的短い期間で習得できたことを憶えています。JavaFXは後発なだけに、こういった学習環境に力を入れていることはとてもいいことだと思いました。

さらにこのサンプル、ソースコードも閲覧できますが、[Save NetBeans Project...] というボタンがあり、ここからNetBeansプロジェクトを作ってくれます! サンプルを見て、自分の手でいじってみたいと思ったらすぐに試せるようになっているわけです。これはありがたいです。

まだかなりバグバグ...

さて、Mac版はまだプレビュー版なだけに、ちょっと触ってみただけでも結構バグが出てきました。まあ致し方ないですが。リリースノートでも色々載っていますが、それ以外にも次のようなのが目に付きました。

  • TextFieldやTextAreaで日本語が入力できない
  • TableViewでカラムのドラッグ&ドロップが効かない (さらに適当にいじっているとハングアップ...)
  • RichTextEditorが重い&いじっているとハングアップ...
  • WebViewはまだまだレンダリングが乱れまくり


そんな訳で、自分もこれからこのサンプルを中心にちょくちょく勉強していこうと思っています。現状業務が忙しいのでほんとにちょくちょくって感じになりますが...。

*1:ここでクライアントを無理にJavaScriptで頑張ろうとすると大変なことになるケースをしばしば見掛けたり...