読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨年度の振り返り

雑談

新年度を迎えたということで、この1年間の振り返り的なものを軽くまとめてみたいなあと思います。

この1年は期せずして激動の1年となりました。何しろ自分から何かアクションを起こしたわけでもないのに、気がついたら勤めている会社が変わっちゃいましたから。まずはそのいきさつから。

昨年の今頃は典型的なSIerに勤めていました。ただ、その時点で1年ほど前から社内ではイレギュラーなポジションにあった、とあるクラウド向けサービス開発のチームに所属していて、自分はそのGUI部分の開発を行っていました。Flexでガリガリ開発していましたねー。
ところが5月に別の会社と経営統合かつ、それぞれの会社から少数のメンバーをスピンアウトさせたベンチャー企業を作ることになり、自分は後者の方に入ることになりました。*1

年度が始まったときにはこんなに環境が激変するとは思いませんでした。今までと違い、超絶に優秀なメンバー達に囲まれて仕事をするようになりました。お陰様でもの凄く刺激的な日々を過ごしています。

そして、年度末にさらにもう一度激変があって、1年前まで一緒にやっていたメンバー達がさらにスピンアウトしちゃったのですが、自分自身は前述の会社で引き続きやっていくことになりました。ホント人生何があるか分からんもんです。

環境面でも大きな変化があったのですが、他にもこの1年間で新たに始めたり変化したりしたこととしては次のようなものがあるでしょうか。

  1. Hadoopをはじめとした、分散処理ミドルの世界に飛び込んだ
  2. ブログを始めた
  3. 今までより積極的に勉強会とかに参加するようになった
  4. JavaFXを触り始めた

1はまあなんと言っても仕事環境の変化がきっかけですが、ミドルウェアの中身についても勉強するようになって、知見が色々と広がったと思っています。
2、3については、自分の考えていることを外に出したり、他の人と話し合ってみたりすることを重視するようになったことの現れかなと。

4については仕事とかはそれほど関係なく、純粋に自分の興味で追っかけ始めました。前述したように、仕事ではFlexJavaScriptを使ってRIA開発をしていたのですが、Javaを使っての開発に比べ、自分的にはどうにもしっくりこないところがありました。
JavaFX2.0からはJavaベースに生まれ変わりましたが、後発だけにAPIもよく考えられており、中々面白いです。もう少し先になるでしょうが、自分がメインとしているエンタープライズ系の開発ではSwingの置き換えとして少しずつ使われ出していくだろうと見ています。*2

さてさて今年度ですが、勉強面ではより基礎的な力 (情報系が専門ではなかったので、基礎部分が実は弱いのです) をしっかりと身につけるようにしつつ、仕事面では自分が所属している会社のミッションである、エンタープライズシステムを変革するソリューションの提供に微力ながらも貢献していきたいなーと考えています。

何かふわふわした締め方ですみません。(^^;)

*1:特に名前は出していませんが、多分分かる人にはバレバレですね (^^;)

*2:あと、これは完全に自分の勝手な予測ですが、Adobe AIRのように、iOSAndroid向けにも動かせるようになるんじゃないかなと期待しています