読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GlassFishで仮想ディレクトリマッピングを行う方法 (GlassFish Advent Calendar 23日目)

JavaEE GlassFish

このエントリは GlassFish Advent Calendar 2013 の 23 日目のエントリです。前日は id:makoyanagisawa さんによる「@btnrougeが教えてくれなかったこと」でした。

当初、今年の Java Day Tokyo で披露した FX GlassFish Monitor に絡めて、GlassFish が公開している監視項目の REST API の話にしようと思ったのですが、蓮沼さんの第8日目のエントリでやられてしまったので、別の小ネタにします。

今回取り上げるのは、WAR の外にあるコンテンツをアプリケーションのドキュメントルートにマッピングする方法です。仮想ディレクトリマッピングと呼ばれるやつです。 *1

例えば次のディレクトリに存在するコンテンツを http:////content にマッピングしたいとします。

/home/hoge/external/content/

その場合、glassfish-web.xml に次のような記述を追加します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE glassfish-web-app PUBLIC "-//GlassFish.org//DTD GlassFish Application Server 3.1 Servlet 3.0//EN" "http://glassfish.org/dtds/glassfish-web-app_3_0-1.dtd">
<glassfish-web-app error-url="">
  ...
  <property name="alternatedocroot_1" value="from=/content/* dir=/home/hoge/external"/>
</glassfish-web-app>

glassfish-web-app 要素の子要素である property 要素に alternatedocroot_* (* には連番が入る) という名前で設定を記述します。複数設定したい場合は連番を 1, 2, ... と続けます。
値には "from=(コンテキストパス以下のパス) dir=(マッピングしたいドキュメントルート)" という形式で記述します。
from で指定したパスがサブディレクトリとして付くことに注意してください。この例では /home/hoge/external/content 以下を見に行きます。

開発者以外の人が管理しているコンテンツ (例えばヘルプドキュメントとか) がある場合にはこうすると WAR に含めずに済むので便利ではないでしょうか。

というわけでちょっとしたネタでした。
明日は蓮沼 (@) さんの予定です。

*1:WebLogic だと weblogic.xml 要素で設定するやつです。