Java Client Roadmap Updateによせて (前編)

既にご存知の方も多いと思いますが、先日 Oracle から JavaFX をはじめとする、Java のクライアントテクノロジーについて今後のロードマップが発表されました。

https://blogs.oracle.com/java-platform-group/the-future-of-javafx-and-other-java-client-roadmap-updates

上記ブログエントリでは主に JavaFX の今後の扱いについて述べていますが、以下のホワイトペーパーにはそのほかに Applet や Java Web Start、そして Swing/AWT といった Java のクライアントテクノロジー全般の今後のロードマップについて記載されています。

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/javaclientroadmapupdate2018mar-4414431.pdf

このホワイトペーパーを読んで、まあ色々思うことがありました。Java のクライアントテクノロジーについての過去も振り返りながら私が感じたことを色々語りたくなったので、このエントリを書きました。まあ巷で言う「ポエム」ってやつですね。

長くなったので前後編に分けて書くことにしました。

ホワイトペーパーに書かれていたこと

ホワイトペーパーに記載されていた内容を簡単にまとめると次の通りです。

  • Oracle Java SE 11 からは JavaFX を同梱しないことを確定
    • これまで Oracle JDK には JavaFX を同梱、OpenJDK には同梱しないという状況だったが Oracle JDK も同様になる
    • 今後も OpenJDK には同梱されないという状況はそのまま
    • JavaFXJava のデフォルト GUI ツールキットではなくなることを意味する
  • Applet のサポートは予告通り Java SE 8 までで、Java SE 11 には含まれなくなる
  • Java Web Start についても Java SE 11 以降には含まないことを明言
    • これは今回の発表で初めて明らかになったこと
  • Swing と AWT については Java SE 11 においても開発を継続する

JavaFX については後ほど述べるとして、注目してもらいたいことは Applet、Web Start の扱いです。 これらに対する実行環境のアップデートが提供され続けるのは Java SE 8 のサポート期間の間だけ ということです。

よって、特に Applet を使った業務システムを展開しているところは Java SE 8 の無償アップデート提供期間中に対応を検討する必要があります。特にブラウザ Java Plug-in 部分はクライアント PC のセキュリティに直結するため、アップデートせずに放置するという選択肢は危険です。対応策としては次のようになります。

  • Oracleの商用サポートを契約し、継続して実行環境のアップデートを受け取る
  • アプリケーションを改修し、ブラウザ上で動かすのではなく、JRE を同梱したスタントアロンアプリケーションとしての配布に切り替える

というわけで、このロードマップ発表で Java のクライアントテクノロジーは転換点を迎えることになりました。これまでの経緯をちょっと振り返ってみようかなと思います。

Java クライアントテクノロジーの変遷について振り返り

Java 誕生時の GUI

Java は誕生時から AWT という GUI ツールキットを同梱していました。Java の主な目的の1つに Web ブラウザ上で GUI アプリケーションを動かせるようにすることがあったからです。

AWT は画面に描画する GUI 要素は WindowsMac といった実行環境のコントロールを使っていました。それに対して抽象化層を提供するものであったため、用意された GUI 要素は最大公約数的なものでした。そこで、AWT をベースに、Java2D を使用して全ての GUI 要素を自分で描画するSwing というツールキットが登場します。これは当時 Netscape 社が独自に開発したものに Sun が目を付けて共同開発したものです。

Swing はどの OS でも動く GUI を構築できるということで非常に画期的でしたが、如何せん登場時期が早すぎました (20世紀のことです) 。当時のクライアント PC のスペックでは動作が重すぎました。私は MMX Pentium 166MHz のマシンで初めて Swing を動かしたのですが、全ての動きがスローモーションで笑っちゃうしかなかったのを覚えています。

ですがこれにめげることなく継続的にアップデートを続け、JDK1.4 あたりでようやく実用的な速度が出るようになり、この頃から業務アプリケーション向けクライアント開発をはじめ、そこそこ採用されるようになってきた印象があります。私もこの時期に Swing での開発を経験しています。

Swing の発展

そして Java 5 から 6 に掛けた辺りで、当時既に普及していた Web アプリケーションに対して、当時の HTML の表現力の限界からリッチクライアントが再び見直される流れが出てきます。特に Macromedia (現在は Adobe に吸収) が Flash を業務クライアントとして推すことに熱心で、ここから Flex が誕生します。その流れを受け、Java SE 6 の頃に Sun は Swing 関連の技術に大きなてこ入れを行います。

  • Java.net にデスクトップ専用のプロジェクトができる
  • Java Plug-in の強化
  • デスクトップ環境と連携する API の追加
    • 特定のファイル・タイプに関連付けられたデフォルト・アプリケーションと対話する機能を提供する java.awt.Desktop クラス
    • デスクトップ環境のシステムトレイにアクセスし、アプリケーション独自のトレイアイコン、メニューを追加できる java.awt.SystemTray クラス
  • Swing 開発のためのアプリケーションフレームワークプロジェクトとその関連技術の開発が始まる

RIA の潮流と JavaFX の登場

この頃が Swing の全盛期だったかなあと思っています。そして大体同じ頃に別の流れが出てきました。それがコンシューマ向け Web を対象とした RIA の流れです。MicrosoftSilverlight をリリースした辺りから Flash と共に次のような特徴を備えたものとして注目され始めました。

  • HTML の限界を超えた操作性を提供
  • Web ブラウザ上でもデスクトップ上でも実行可能
  • お仕着せのコンポーネントでは無く、デザイナが GUI 要素を自由自在にデザインできる
    • この頃 iPhone がマルチタッチによる操作性と流麗なグラフィックの GUI をひっさげてデビューしたことも大きな影響を与えていたと思います

もちろん Java にも Applet や Web Start という同様の技術がありました。Swing も GUI 要素を自分で描画する仕組みになっているため、頑張ればどんな見た目にすることもできます。しかし、デザイナが扱うのには向いていないプラットフォームでした。

そこで Sun が目を付けたのが、Sun が買収した企業である SeeBeyond に所属していた Christopher Oliver 氏が開発していた From Follows Function (F3) というプロジェクトでした。 これは確か Swing を開発しやすくするための DSL だったと思います。 (さくらばさんより指摘があり、これは正しくないとのことでした。F3 は Flash + ActionScriptDSL を目指したもので、たまたま実行の土台として Swing を使っていたとのことです。) Sun はこの技術をベースに JavaFX というプロジェクトを立ち上げ、次のような特徴を備えたコンシューマ向け GUI 開発、実行環境としてデビューさせます。

最初は Swing のラッパーコンポーネントという印象もあった JavaFX ですが、Sun はこれを AWT に頼らない GUI ツールキットとして発展させます。Prism エンジンを開発して GPU を積極的に活用する新世代の Java GUI ツールキットになっていきました。この頃から Sun は Swing への投資を急速にトーンダウンさせ、先ほど挙げた Swing App Framework 関連の JSR は中止してしまいました。これは当時 Swing 開発者からの反発もかなり大きかったことを覚えています。

ともかく Sun は JavaFX をすごくアピールしていました。Sun の開催するカンファレンスでは JavaFX を使った流麗なインターフェースをよくデモしていました。ですが、最も JavaFX を浸透させたかったスマートフォンへの展開を失敗してしまいます。旧 Windows Mobile に提供したのみで、水面下で Android への採用も持ちかけていたという話を聞いたこともあるのですが、現実はそうでないことは皆さんのよく知るところです。

そして Oracle による Sun 買収というイベントが起きます。

Oracle の買収と JavaFX の方向転換、発展

Oracle の買収で JavaFX がどうなるか不安視されましたが、JavaFX は引き続き盛り上げていくことを宣言します。ですが、OracleJavaFX をコンシューマ向け開発では無く、あくまで業務向け開発のツールにすることを重視しました。...とは Oracle ははっきり言っていませんが、その後の動きや Oracle のビジネス領域から考えれば明白でした。

JavaFX 2.0 において、JavaFX Script を廃止することが決まりました。そして、Java + FXML で開発するというスタイルに変わります。当然のことながらこれは大騒ぎになりました。 *1

ですが、結果としてこれは JavaFX にはプラスとなりました。本来の Java 開発者層が JavaFX に関心を持ち、注目度がぐっと上がりました (そのかわり Web デザイナ層は離れていきましたが...) 。古くささが見えてきた Swing と比べ、次のような点が優れていました。

  • FXML による GUI 構造の分離
  • プロパティとバインディング API によるリアクティブなスタイルでのビュー更新
    • これは遅延実行の仕組みを備えるなど、他のプラットフォームと比べても優れていました
  • Lambda Ready

私が JavaFX を本格的に触りだしたのもやはりこの時期でした。Flex による RIA 開発経験をしたこともあり、ユーザーに様々な UX を提供可能な RIA の可能性に目を向けていたところ、Java で開発可能な RIA プラットフォームが登場したので注目をしたのです。Flex と比べて優れているところも多いと評価していました。

2013 年の Java Day Tokyo の Java the Night に登壇したとき はこんなツールをデモして、JavaFX の魅力をアピールしたりしてました。

f:id:aoe-tk:20130519005331p:plain

Oracle は積極的に JavaFX の開発を進め、JavaFX 8 までは盛んに機能追加も行い、今後 Java の標準 GUIJavaFX になると宣言しました。JavaOne で iOSAndroidバイスでの稼働をデモしたりと、Oracle は本気だと私もすごく期待していました。

主に欧州を中心に業務系システムやトレーディングツールなどでの採用例が出てくるようになります。NASA など科学技術研究の現場での採用も多かったように思います。 Eclipse GEF も最新版では JavaFX ベースになっています。

そして Oracle の方向転換

ですが、JavaFX 8 のリリースがピークでした。JavaFX 8 リリースの後辺りから次のように徐々に暗雲が垂れ込んできました

  • iOSAndroid への搭載の話はトーンダウンし、OpenJFX でソースだけ公開してお茶を濁す
    • 肝心の JVM 部分の公開がなかった
  • Raspberry Pi での実行にも積極的になったかと思えば、1 年後にはトーンダウン
    • 最初は Oracle Java SE Embedded に JavaFX を同梱していましたが、途中からやめてしまいました
  • Scene Builder も 2.0 リリースを最後にメンテナンスモードに

Java 9 では Jigsaw 対応で手一杯で新機能の追加はほとんどなく、明らかにリソースを絞っているように見えました。そして今回の発表につながります。

ホワイトペーパーを見る限り、OracleJava のクライアントテクノロジーに対する興味がほとんど無いことが分かります。現在は Web ファースト、モバイルファーストの流れであると結論付けています。まあ Oracle の立ち位置的にここまで見てくれたのが奇跡的ですらあったのかも知れませんが。

なお OpenJDK コミュニティは AWT、Swing、Java2D の強化に積極的で、そういう意味では様々な紆余曲折を経て Java 標準 GUI の座は再び Swing に戻ってきたのかも知れません。

と言うわけで Java のクライアントテクノロジーの歴史を振り返ったところで前編終了。長くなりすぎて疲れましたw 後編では JavaFX 、そしてクロスプラットフォーム GUI の今後について思うところを書こうかなと思っています。

*1:当時のさくらばさんの怒り様はまあすごかったです (^^;;