読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JJUG CCC 2016 Springに参加しての感想

勉強会 Java

2016/05/21 に開催された JJUG CCC 2016 Spring に参加してきました。ちょっと遅くなりましたが参加した各セッションについて感想を簡単にまとめました。

参加したセッション

基調講演2: Raspberry Pi with Java

Java エバンジェリストである Stephen Chin さんによるキーノートセッション。Stephen さんは Night Hacking Tour というのを行っていて、世界の色んな国をバイクで駆け巡り、Java を使った面白い勉強会を行っていますが、今回日本でそれを行っています。既に岡山や大阪などを回っていますが、今回この JJUG CCC で東京版を行うことになったというものでした。

内容は Raspberry Pi を使って、ファミコンのゲームコンソール (筐体の形はゲームボーイアドバンス風) を作るというもの。ソフトウェア、ハードウェアの両面から様々なハッキングを行ったという内容でとても楽しい内容でした。

ソフトウェア面では Raspberry Pi 上の JavaJavaNES エミュレータ halfnes を使用した点が目を引きました。オリジナルは Swing 製でデスクトップ向けでしたが、これを Raspberry Pi 向けに GUI 部分を JavaFX で作り直したとのこと! X を使わず直接フレームバッファに書き込む JavaFX の利点をアピールしていました。 *1

ボタンの数に対する GPIO の不足を左・右ボタンは同時に押さない点に着目して回避したり、3D プリンタでのヒンジの作成で様々な試行錯誤したりなど、ハードウェア面でのハックの話も面白かったです。

こう言っちゃあれかもしれませんが、Oracle にもまだこういう遊び心たっぷりな方がエバンジェリストとして残っていて良かったなあと思いました。

E-3 Spring Boot で Boot した後に作る Web アプリケーション基盤

エムスリーの吉田さんによる、Spring Boot で構築した Web アプリケーション開発について、開発環境を構築した後の開発方針についてどうしていったかについてのお話でした。

Spring Boot では開発環境構築のお膳立てをしてくれますが、その後は Spring Framework を用いたアプリケーション開発になっていきます。そこで例外処理やトランザクション設計、URL 設計、バッチ処理、設定ファイル、ログ、セキュリティといった、共通的に考慮しないといけないことをどう設計したかを説明してもらいました。

バッチ設計のところなど、所々自分の考えとは違うところはあったものの、参考になる情報が多かったです。実は近々自分も Spring Framework を久々に使うことになりそうなので、Spring については浦島状態になっている自分にはとても助かる内容でした。

AB-4 Introduction to JShell: The Java REPL Tool

Kulla プロジェクトのコミッタになった bitter_fox さん自身による JShell の解説です。今年から就活する点をちょっとアピールしてましたw

JShell でやれることを全体的にとても分かり易く説明していました。他の言語では大体あったものですが、ようやく Java にも来てくれて嬉しいです。今まで自分自身は IntelliJ の Groovy コンソールを使ってこの用途を満たしていましたが。 *2

少し驚いたのが、JShell の開発者に JavaFX Script コンパイラの作者が入っていた点です。JavaFX Script が無くなった後、こういうことをしていたのかあ。

I-5 JavaデスクトッププログラムをふつーのWindowsプログラムのように配布・実行する方法とPCの動きが重くならないよう気を付けること

高橋さんによる、Windows 環境へ javapackager を用いてパッケージングした JavaFX アプリケーションを配布する際に工夫したことを説明するというセッションです。

このセッションで取り上げられていた javapackager については手前味噌ながら自分のブログエントリでも紹介しています。

aoe-tk.hatenablog.com

この javapackager、中々良くできているのですが、上書きインストールができない、インストールディレクトリの指定をさせることができない、など細かい点で足りないところが目に付きます。そこを Wix Toolset 側の設定に手を入れることで乗り切ったという話がとても参考になりました。

javapackager の存在については驚いた人が多かったようで、セッションの最後に沢山質問が出てきたのが印象的でした。やはりこういうものを求めていた人が多かったんでしょうねえ。*3 その割に知られていないというのが残念です。もっと Oracle はこのツールの存在をアピールした方がいいですよー。

M-6_1 十徳ナイフとしてのGradle

grimrose さんによる Gradle についてのショートセッションです。何と立ち見状態になっていて、床にべたっと座って聞く形になっちゃいました。Gradle 本当に注目を浴びてますねえ。

https://nbviewer.jupyter.org/github/grimrose/JJUG-CCC-2016-Spring/tree/master/Gradle%20as%20Army%20Knife.ipynb

内容としては Gradle 徹底入門を補完するような内容になっていて、Gradle のタスクランナーとしての側面に着目し、日常のタスク処理に Gradle を活用するためのお話になっていました。特にスクリプト実行環境があまり強力ではない Windows 環境での活用を推してましたねえ。

ホットな話題である、Kotlin Gradle についても少し触れましたが、「うーん、これ嬉しいですか?」と聞いたところで場が爆笑で包まれたのが印象的でした。 *4

I-6_2 OpenJDK コミュニティに参加してみよう

OpenJDK のコミッタである久保田さんによる、OpenJDK コミュニティに参加するための最初の一歩について説明するというセッションでした。

OpenJDK のような巨大なプロジェクトになると、参加するのはとても敷居が高い印象がありますが、やはりパッチを送るのが一番良いとのことでした。ML へパッチを送るくらいならば、OCA にサインすればできるようになるようです。

多数あるリポジトリの歩き方、パッチや意見の送り先となる ML の雰囲気など、OpenJDK プロジェクトに参加されている方ならではの話が満載でとても面白かったです。

GH-7 Java Puzzlers

最後はさくらばさん、てらださんのコンビによる、Java Puzzlers のセッションでした。

Java Puzzlers と言えば、Joshua Bloch さんと Neal Gafter さんによる JavaOne の名物セッションでしたが、今や前者は Google 、後者は Microsoft に籍を移しているため *5 、行われなくなっちゃいました。

日本版はさくらばさんとてらださんコンビになりましたが、意図的なのか自然にそうなったのか、てらださんがボケ、さくらばさんがツッコミというスタイルでの進行になっていましたw

内容としては基本的な演算子やクラス、Java8 で加わったラムダ式のコーナーケースについて問うものでした。選択肢式だったこともあり、間違った理解で回答したものもいくつかあったのですが、終わってみたら全問正解は私一人という結果になっちゃいました。(^^ゞ

全問正解ということで、さくらばさん作「Java SE 7/8 速攻入門」を頂いちゃいました。ありがとうございました。

最後に

こういう技術者が集まる場に参加するのは恐らく昨年の CCC Spring 以来だったと思いますが、やはり他のエンジニアの方々と交流すると色々な刺激が得られていいですね。

非常に規模が大きくなって驚いたのですが、これを運営するのも大変だったと思います。JJUG 運営の皆様、本当にご苦労様でした。

*1:セッションの後の休憩時間で harfnes のソースも覗いてみましたが、色々興味深かったです。

*2:自分の周囲を見ていると、Java で REPL 使いたい、というときは Groovy 使う派と Scala 使う派に分かれているように見受けられます。

*3:このセッションの影響か、私の javapackager についてのブログエントリへもアクセス、ブックマークが増えているような。

*4:でも、今後 Gradle は Kotlin ファーストで行くらしいですね。

*5:特に前者が効いとりますな (^^;;